2016年05月17日

カーリース 財務的 メリット

カーリースの財務的なメリットは何でしょうか?経理担当者にトヨタレンタリースでどんなメリットがあったかを聞いてみた所、やはり「資産」ではなく「費用」として計上できるという事でした。クルマは必要。でもそれを「所有」するか「借りる」かで計上の方法が違うのです。所有する場合は資産となり、車両運搬具として扱い、減価償却の対象となります。負債で計上すれば、減価償却の対象とはなりません。一時払ができるのが負担であれば、継続的な税金資産計上で支払を一定にするシステムです。保有するクルマの具体的な利用は代替が効かないので、税金の下になる資金を説明することになりますが、新車であれば発生するでしょうか。株式会社は保守管理が大事なので、買取車はガリバー、トヨタ車はすでに締切済となります。




posted by leaseoo at 10:51| Comment(0) | カーリース デメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。